ENJOY BMX CONTEST 2013レポート

楽しめBMX!がコンセプトのこのイベント。ENJOY BMX CONTEST主催のkossyこと腰山 雅大です。
2013年4月28日、天候にも後押しされ、無事大会を開催することが出来ました。そのレポートをこちらで紹介したいと思います。

神戸市は中心街の三宮から徒歩5分、神戸市震災復興記念として2010年にオープンした"みなとのもり公園"が昨年に引き続きの会場。
定刻通り8時半にエントリーを開始。続々とライダーも集まる中、協賛のブースも設営が終わる頃にはみんな一通りエントリーも済み、パーク内は全国各地から集まったライダーで一杯になっていました。
c0211584_2248693.jpg
特筆すべきは今回、協賛の賞品が沢山集まったこともあり協賛品を飾るブースを用意しました。豪華な賞品群に多くの方がカメラを向けてくれていました。
c0211584_22484739.jpg
10時に開会式、開会宣言は昨年大怪我から復活した沖縄出身のベトコン!怪我から復帰した今の想いを作文で読み上げて貰い、お馴染み「ぺる~じゃかっぷ~はぁ~じまぁ~るよ~」のエンジョイバージョンを披露してくれました。

先ずはLowクラスから。京都の2号ちゃんや、先日エストニアで行われたsimplesessionへも参戦した静岡のみなとちゃん、そして女性ライダーの草分け的存在、結婚出産から復活した京都のちいちゃんこと新田さおりさんなど、女性ライダーの活躍が目立ちました。予選はスタイル抜群、大泉のてっちゃんが一位で予選通過したのをはじめ、エンジョイスタッフの662トレイルデイブも予選通過!
c0211584_22503631.jpg
決勝では静岡のみなとちゃんがターンダウンやスーパーマンなどをメイクし悲願の優勝。前日足を痛めながらも、360など大きな技にも果敢にトライしていました。2位はみなとちゃんの実兄、ヒカリくん。3位は福岡からKidsクラスの息子さんと一緒にエントリーのダメ人間こと上田さん。

続いてMiddleクラス、主にローカルライダー、キッズクラスからのランクアップ、そしてMTB・FSFGでのエントリーが目立ちました。このクラスになるとジャッジの基準がハッキリ順位に影響するイメージがあり、技の難易度と完成度、そして伴ってスタイルのあるライダーが評価されています。勢いで攻めてもメイクしなければ厳しい評価になるし、かといって安全コースを狙えば難易度で点数が稼げないと、ルーティーンにも悩むクラスです。
c0211584_22512973.jpg
今回優勝したのは地元みなとのもりローカルのまーくんこと上野正人。彼とは個人的に長い付き合いなのですが、特にみなとのもり公園が出来てから技やジャンプの深みがより増したイメージで、決勝は点数も断トツ、cycrocのFlat-1conyをはじめ沢山の協賛品をゲットして帰っていきました。2位はKidsからのランクアップのREN、広島からのエントリー。彼も非常に技の完成度が高く、回転系・グラインド系は完全にキッズの枠を飛び越えていました。まだ若干13歳。彼のお父さんもLowクラスでエントリーしてくれていました。そして3位は、、、手前味噌ですが、僕、kossy。地方・ローカルの友達、自転車以外の仲間、たくさんの方に見守られる中、ド緊張はなはだしいライディングを繰り広げてしまいましたが、一生懸命乗って良かったです。声援も凄く聞こえて来て本当嬉しかったです。みなさん、ありがとうございます!超エンジョイしました。
またこのクラスにはKNS.LoのMTBクル―、FSFGのトヨくんがエントリー。デカイFixedでフルフェイス被ってやってきた彼はさながら侍のようでした。BEST MTB賞はスムーズ且つ軽やかなライディングを繰り広げたKazyに。

前回から新設したKidsクラス、前回を上回る17名のエントリー。今回から大人のクラスにランクアップしたライダーも多いことを考えれば、Kids確実に盛り上がってきています。そして見ていて感じたのはギャラリーの盛り上がりが兎に角凄い!ライダー本人の両親はもちろん、地元のライダー、ギャラリーみんなが一斉に前に出て出場ライダーを応援していました。ここでも去年に続きMCダーティーこと伊達剛氏がとても良い仕事をしてくれて、またもや名言が沢山生まれたように思います。参加ライダーのことを「お友達のみんな~!」って表現していたのは、彼ならではのスキルの高さを感じましたね。最年少はなんと4歳!小さい自転車で一生懸命パーク内を駆け回っている姿が印象的でした。というか付いて走っている親御さんの姿も印象的でした。
c0211584_22523668.jpg

先述、Lowクラス3位ダメ人間さんの息子さん、タカトくんもこのクラスで3位をゲット。普段SxMxBブログでも大きく取り上げられている彼、運営サイドの手違いで最年少のクラスでの走行となってしまいましたが(すみません!)、しっかり周りに注意を払いながら、パークを全体的に使ったライディングを披露していました。キッズライダーのひとつのハードルとなるマニュアルも上手です。2位は横浜からやってきたユウマくん。ノーブレーキ4本ペグに、プロテックのフルカットヘルメット。何とグラインドボックスの上によじ登り、そこから180ドロップでライディングスタート。かなり個性的で拘りが感じられるスタイルにみんな声を揃えて「かっこええ!!」と大興奮でした。ラストトリックではスパインでの180越えにトライ。何度かのトライの末、最後にはビシっとメイク!個性的なライディングとは裏腹にトリックメイク後MCに駆け寄り、キッチリ"Kugenuma Session"の告知も行っていました。カッコいいです、ユウマ。
c0211584_22561140.jpg
そして優勝は彼、ディフェンディングチャンピオン、京都の中村輪夢。キッズシーンを引っ張っているだけあって完璧なルーティーンでした。バースピンなんかはもう完全にモノにしているみたいで、どこでも軽くメイク。エアーもどんどん高くなってきているので、この辺りの複合が素晴らしかったです。
思うに、キッズはキッズでシーンがしっかり出来上がっていて、子供たちの間でもしっかり上手なライダーへのリスペクトが互いにあります。上手なライダーは目標とされるし、けれどもそこは子供らしく負けじと日々練習に取り組む姿を現場やネットで目撃しています。キッズたちの「がむしゃらに楽しむ!」姿は、エンジョイとしても根源的なモノだと感じさせられますし、今回エンジョイ賞をゲットしたアンジ丸くんにしてもそれが強く感じ取れました。来年からは優勝のリムも中学生、上のクラスに参戦してくると思うので、メインストリームの基準レベルがまた少し変化してくと思うのでこれも個人的には楽しみであります。

最後はHighクラス。かなりエントリーが偏り、何と41名のエントリーとなりました。この辺りは今後クラス名を変更するなり、他のクラスとのバランスを少し考えなければいけないのですが、内容としては非常に豪華な顔ぶれ、大きな盛り上がりとなりました。
全てを取り上げれば本当飛んでもない文字数になりそうなので、僕の主観で一部をピックアップ!
c0211584_2354630.jpg
今回クリエイティブ賞にも選出させていただいたレペゼン福岡、SxMxBこと吉永大介氏。彼を県外のイベントで目撃すること自体久しく無かったのに、エントリーしてあのライディング。本当にカッコよかったです。既にyoutubeでライディングの映像が出ていますのでこちらをチェック!決勝に進出するも体調を優先して辞退。でも実はそれだけでなしに、更に今回決勝1~3位がSxMxBのライダーと何とも感慨深い内容だったのです。
3位は比嘉 勝太。沖縄出身、東京在住のZENライダーですが、以前ペルージャカップやその他のイベントで目撃した時から明らかにスキルの厚みが上がっています。基本的なエアーから先ず高くなっているし、クオーターでのアーリーウープ360など完成度が違いました。ミスも少なく納得の順位と言った感じ。2位はZENdistributionを運営しているYossyこと由谷友孝氏。Yossyは近年イベントでもジャッジなど裏方に回ることが多いように思っているのですが、エンジョイでは張り切って事前エントリーにも協力頂き、攻め攻めのライディングを披露してくれていました。カーブウォールでのウォールライドや、ジャンプランプでのスーパーマンSGなどセクションを大きく使ったライディングが特徴的でした。
c0211584_2373039.jpg
そして優勝は岡山の冨永勇太。回転系トリックからのフェイキーアウト、サブボックスへのアブバカなど、MCダーティーが「フェイキー戻れない問題」と評したBMXライダーならではの悩みをいとも簡単にメイクしていった勇太ですが、その他エアー系でもとても彼らしい動きが出来ていたんじゃないかと思います。

ちなみに、大会開催中にもアナウンスしていたENJOY BMXインスタグラムコンテストですが、@vanakei さんのこちらの写真を優勝に選ばせて頂きました!おめでとうございます。
c0211584_2316632.jpg


ということで、長々と書きましたが大会としては86名のエントリーがあり、協賛各社様、支えてくれたみんなのお陰で無事終了することが出来ました。
段取りはまだまだ改善点も多いです、是非気付いたところや気になったところがあればFB、Twitterなど直接教えていただければ幸いです。
毎回大変な役割をお願いしているスタッフ、ジャッジ・エントリー管理のデイブ、市へのコンタクトやタイムキーパーをやってくれたシューくん、MCのダーティー&奥ちゃん、救護の判治さん、受付・雑務をこなしてくれたケイちゃん、前田さん、トモコさん、音楽係のリョータ、映像&ご意見番ヤング、トータルで色んなことをフォローしてくれた僕の彼女、erisanon、みんなありがとう、、、。
c0211584_2382438.jpg

c0211584_2383494.jpg

c0211584_2384648.jpg

c0211584_2385475.jpg


photo by bob_woods

この投稿でいったんENJOY BMX CONTEST2013は終了しますが、また次回も面白いことを企画出来るよう今からヨチヨチと段取りしていこうと思います。

ありがとうございました!!!

ENJOY BMX CONTEST 代表 腰山 雅大

【協賛】
Ride2Rock.jp(モトクロスインターナショナル)
SUBROSA(Jykk Japan)
Flybikes(Jykk Japan)
P01
PLAYDESIGN
cycroc
H PLUS SON
ZEN distribution
CHICKENNOT
BETONES
SPY OPTIC
I PATH Japan BMX Team
FREE
tanmenboys
KROOKED SKATEBOARDING
asai-works
PowderPuff Racing by Daigen Seiyaku

[PR]
by enjoybmx | 2013-05-03 23:19

ホームページ


ENJOY BMX CONTEST WEB


filmed and edited by SLmedia

カテゴリ

全体
舞音楽祭
SOULBOWL BATTLE 詳細
協賛ブランド紹介
追記項目
以前のイベント

最新の記事

ミニランプ トーナメントバト..
at 2014-03-26 08:29
THE SOULBOWL B..
at 2013-12-25 08:45
大会当日のタイムスケジュール..
at 2013-12-21 16:10
開催日前日!注意事項です!
at 2013-12-21 11:59
協賛品のご紹介2
at 2013-12-20 16:42

以前の記事

2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

その他のジャンル

ブログパーツ

画像一覧