THE SOULBOWL BATTLE、無事終了しました。

タイトル通り、ENJOYBMX Presents… THE SOULBOWL BATTLE at “g” skates park、無事全行程を終了しました。

c0211584_8134086.jpg

前日まで天気が不安定で曇ったり雨振ったりでしたが、当日の朝は快晴。寒さが予測される中、案外身体を動かしていればパーカーでも耐えられるような気候でした。

c0211584_8152825.jpg

お馴染みMCダーティーの言うBMXあるある「大会当日の朝にライダーが集まらない」で爆笑しながらもスタート時間を少しズラし、10:45から開会式を行ないました。

c0211584_8172072.jpg

アマチュアクラスはエントリー11名。大会1人目のライダーとして会場を盛り上げてくれたblkmrktのセイマをはじめ、みなとのもり公園ローカル大活躍なクラスとなりました。

c0211584_818536.jpg

決勝トーナメントではみんなランプの使い方にも慣れ、ハイエアー必須のバトルに。そんな中スタイルのまた違うHoodcrewのタケシはここ一番でロングマニュアルをメイクし、会場を大いに盛り上げていました。

c0211584_8245445.jpg

優勝はみなとのもりローカル、古くからオールラウンドにBMXを楽しむ"けんちゃん"こと泉谷憲治。TOTAL BMXのフレーム、PRO-TECのメットをゲットしていました。

c0211584_8301397.jpg

プロクラスは正に激戦。2012年のENJOY BMX覇者 岡紘希や、オリジナルなライン取りを駆使した映像が記憶に新しいIPATHの樋口元気、菊池マサヒトなどニュースクールライダーから、ZENのYossy、FUNNY'S BIKE CUSTOM SERVICEを営む丸屋薫などレジェンド枠なライダーなどオールスターなエントリーがありました。

c0211584_8305457.jpg

予選から1on1のバトルとなる場合も多く、奇しくもリムvsおませちんの18inch/26inch対戦、FukurowTrailジョージ vs662Trailタカユキの東西トレイル対決、比嘉勝太vsトシゴンさんのウチナンチュ対決など、見所満載だったと思います。

c0211584_8324254.jpg

そんな中、予選1位通過はIPATH Kozo。ランプ側面をクネクネと、ワザとオーバーステアを取るオリジナルラインで走りきりスライダー180で戻り。観客が騒然とする中、今度は加速しエクステンション通称”Coffin”にディザスター。コゾーの想像を絶するスキルを垣間みました。

c0211584_8332462.jpg

決勝前には表のストリートセクションでTIMJAMが開催されました。以前の告知通り、世界で一番大きなバニーホップ測定器を作ったのですが、当日は強風で計測のバー(トイレットペーパー)が千切れまくるハプニング。即興で養生テープを引っ張ってボーダーを製作。最後は勅使河原大地が110cmを飛んで優勝と相成りました。
c0211584_8334295.jpg

ジャンケン大会も沢山の方にご参加いただきました!ありがとうございます。

c0211584_8344650.jpg

そしてプロ決勝。1戦目から予選1位のKozo、予選8位のヒロキがバトル。何とヒロキが予選を大幅に上回るライディングを見せ、Kozoを下し勝利。地元にボールセクションは無いはずの彼ですが、完全にセクションを使いこなしたルーティーンはさすがの一言でした。

c0211584_8354259.jpg

ちなみにジャッジはアマチュアクラス優勝のケンちゃん、協賛でもあるtanmenboysボスのタンメンくん、そして”g” skates parkからご存知インラインスケート世界チャンプの安床武士くん!彼には大会の準備から色んな面で協力いただいています。本当にありがとうございます。当然と言えば当然かも知れませんが、隣で見ていて凄くシビアにジャッジをしいただいていました。予選ではAlive Industryのレヒトくんにもご協力いただきました。ありがとうございます!

c0211584_8371348.jpg

最終決勝に駒を進めたのは2013リアルタフネス覇者の勅使河原大地、そして前述FUNNY’S / IPATHの丸屋薫。主催としてもまさかの展開、若手最高峰 vs 匠の技術を有するレジェンドの戦い。ライダー冥利に尽きるこのバトル、ボールを全体に使った丸屋氏は、正スタンス逆スタンスを巧みに使いこなし観客を湧かしました。後日談、安床武士くんも彼の難解なルーティーンに驚いていました。

c0211584_839435.jpg

彼のライディングに少し焦りを見せたか、途中ミスも出してしまった大地ですが、フレアーやテイルウィップ、バースピンなどの丸屋氏のスキルを越えるビッグトリックを連続で繰り出し優勝をもぎ取りました。

本戦終了後は告知していた”FREE”主催のTHE FAKIE GAME。所定の位置より180、徐々に狭められる缶と缶の間をライダーがフェイキーでくぐり抜ける。シンプルなルールながら多数のライダーが参加し、大いに盛り上がりました。

ということで、以下オフィシャルのリザルトです。
c0211584_8421031.jpg

プロクラス:
1位 勅使河原大地
2位 丸屋薫
3位 岡紘希
4位 中谷駿仁

c0211584_8422238.jpg

アマチュアクラス:
1位 泉谷憲治
2位 藤田剛史
3位 木内星摩
4位 村田亨

IPATH特別賞:杉坂崇之
ZEN特別賞:杉坂崇之・藤井康平
tanmenboys/DECOBMX特別賞:織田浩孝

"TIMJAM" BunnyHop Contest:勅使河原大地(110cm)
"FREE" THE FAKIE GAME:木内星摩・崎山栄幸・西井良作(50cm)


最終的には観客がボールを囲み、全員がライダー1人1人の取るライン、繰り出す技で最高に盛り上がっていました。この上ないですね。

c0211584_8432023.jpg

特筆すべきは、唯一キッズでエントリーをしてくれたタイシくん、果敢にもBMX歴1ヶ月で参加をしてくれた名古屋のリクくんなど、ボールセクションのみという、敷居の非常に高いこの場所で戦った全てのライダーが多くのリスペクトを集めたことでしょう。

c0211584_844181.jpg

“g” skates parkでは初めての開催。段取りもひとつひとつその場で考えてやっていく中、遊びに来ていただいた方には待たせたり、色々お願いをしたりと本当不便を掛ける場面が多くありました。
けれども、最後にはみんな笑顔で閉会式を迎えることが出来、安堵しました。みなさま、ご参加本当にありがとうございました。

次回は春。また改めてアナウンスしたいと思います。

最後にスタッフとして協力をしてくれた、デイブ、シューくん、med3、tmkさん、セイマ、ティム、アンナちゃん、ジャッジをしてくれた由谷さん、ショータ、おませちん、けんちゃん、タンメンくん、レヒトくん、タケシくん、協賛のGOODSKATES Inc. 、UNIT JAPAN、PLAYDESIGN、Ride2Rock.jp、Jykk Japan、TOTAL BMX JAPAN、BETONES、PRO-TEC (ZEN Distro)、CHICKENNOT、I-PATH Japan BMX Team、asai-works、FREE、DECO BMX、tanmenboys、KM4K(敬称略)、みなさま、本当にありがとうございました。

予選〜決勝の点数・トーナメント結果はこちらどうぞ。

ちなみに、、、個人的な視点からのブログもこちらに記載しています。よければどうぞ。

photo by sgym662, bob_woods, taka712, chi-chi@662
[PR]
by enjoybmx | 2013-12-25 08:45 | SOULBOWL BATTLE 詳細

ホームページ


ENJOY BMX CONTEST WEB


filmed and edited by SLmedia

カテゴリ

全体
舞音楽祭
SOULBOWL BATTLE 詳細
協賛ブランド紹介
追記項目
以前のイベント

最新の記事

ミニランプ トーナメントバト..
at 2014-03-26 08:29
THE SOULBOWL B..
at 2013-12-25 08:45
大会当日のタイムスケジュール..
at 2013-12-21 16:10
開催日前日!注意事項です!
at 2013-12-21 11:59
協賛品のご紹介2
at 2013-12-20 16:42

以前の記事

2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

人気ジャンル

ブログパーツ

画像一覧